マンション管理 FAQ

生活に関すること

Q.電気・ガス・水道などのトラブルには何がありますか?

A.1.停電する(ブレーカが落ちる)

次の通り、その原因ははいくつかあります。

(1) 屋内全体での電気の使いすぎ
契約ブレーカがよく落ちるのはこの場合が考えられます。使うタイミングをずらせば一時的な電気の使用量も抑えることが出来ます。それでも、契約ブレーカが落ちてしまうようでしたら、電力会社若しくは電気工事店にご相談ください。

(2) 部分的な電気の使いすぎ
小ブレーカ(B)の一部分が落ち、一部停電となります。小ブレーカは家の中それぞれの電気器具へ分岐して保護しているものです。一部分がよく落ちるとなると、その場所(回路)での使いすぎが考えられます。対処方法は、小ブレーカが落ちたときに使っていた電化製品の使うタイミングをずらしてください。

(3) 漏電
この場合、漏電ブレーカ(A)が落ちます。一時的な漏電の可能性もありますが、一度点検することをお薦めします。

 

2.ガスが出ない

(1) ガスが出ないのは1台の器具だけの場合
① ガス栓・器具栓が閉まっていませんか?
② 乾電池が外れていたり、切れていませんか?
それでもガスが出ない場合は、ガス機器の故障の可能性がありますので最寄りのガス会社へお問合せください。

(2) すべてのガス器具が使えない場合
ガスメーターを確認し、赤いランプが点滅していたら、マイコンメーターが作動していますので以下の復帰操作をしてください。
① ガス器具をすべて止めます。
② ガスメーターの「復帰ボタン」のキャップを外し、ボタンを押します。
③ 約3分後、赤ランプの点滅が消えたらガスが使えます。
※ ガスメーターは電気のブレーカに相当するものです。

 

3.水のトラブル

(1)トイレが詰まった
トイレの詰まりで最も多い原因は紙の詰まりです。その場合には、トイレ用吸引カップを使用して詰まり抜きをしてください。トイレットペーパー以外の異物が詰まっていて抜けない場合や吸引カップを使用しても詰まりが解消しない場合は、専門業者や管理会社にご相談ください。

(2)水の出が悪くなった
蛇口の種類によっては、蛇口の先(吐水口)の部分にストレーナーという網がついているものがあります。この網で、水道水以外の異物をこれ以上通さないようにしてあるのですが、この網に砂や錆、水垢等細かな異物が付着していて、出水の妨げになっている場合があります。処置としては、蛇口の口の部分を外し、水洗いして付着物を取り除いてください。それでも水の出が変わらない場合は、水道設備業者や管理会社にご相談ください。

Q.台風への注意事項は?

A.台風が来てからではなく、日頃から強風、豪雨の被害に対して準備が必要です。

《バルコニー》
バルコニーの排水溝がごみや砂で詰まっていないよう日頃から注意しておきましょう。詰まっていると、豪雨時にバルコニーがプール状態となり、部屋内への浸水や階下に漏水する危険性があります。
また、強風時に洗濯物や物干し竿、植木が落下して通行者や車などに損害を与えることもありますので、台風接近時には風の影響を受けない所に置くよう注意下さい。

《機械式駐車場》
地下ピット型機械式駐車場や自走式駐車場の場合、台風の雨水がその排水能力を超えると地下部分が水没してしまいます。TVなどの気象情報に注意して、車を地上に出しておくようにして下さい。

《台風の影響に備えて》
台風の影響により、エレベーターや電灯が使えなくなり場合があります。また、揚水ポンプが止まると水の供給も出来なくなります。懐中電灯やラジオ、予備の水の確保など事前の準備が必要です。

Q.地震への対策(家庭の)はどうですか?

A.地震も台風同様、日頃からの準備が大切です。
身の周りの家具は転倒防止の工夫がされていますか? 最低2~3日程度の水や非常食の確保はされていますか? 怪我に備えた救急セットはありますか? 部屋からの脱出のためのバールや工具など準備されてますか? 家族間で非常時の集合場所や連絡方法など話がされてますか? どこに避難したら良いかハザードマップに目を通してますか? その他、地震発生時の避難行動や揺れが収まってからの対応など、全てが命に係わることですので、事前の準備や話し合いが肝要です。

Q.上階の方からの音が気になっていますが・・・

A.マンションの構造上、音の問題はなかなかなくなりません。音の種類で響き方が違いますし、また同じ音であっても時間帯で他の居住者が不快に思うこともあります。
上階の方からの音が生活音なのかそれ以外の音なのか、どの程度のものか、また時間帯は朝なのか夜なのか、によって対応の仕方が変わってきます。
生活上やむなく出てしまう音であれば、ある程度は共同住宅として容認する必要もありますが、例えば深夜にTVやオーディオから大きな音を出していれば、迷惑行為としてその中止を訴えなければならないでしょう。
また、音の大きさによっては個人ではなく、管理組合として対応する必要も出てきます。
一度、上階の方と忌憚なく話をされたら如何でしょう? 

Q.築年数とともに居住者に高齢の方が増えていますが・・・

近年、マンションでの深刻な問題として、建物の老朽化と居住者の老齢化があります。
建物の老朽化は経費は掛かりますが、適時適切な修繕を行なえば、その進行はスピードダウンするかもも知れませんが、人の高齢化については止めることが出来ません。放置すれば高齢者の生活に支障が出てきますし、また独居老人の孤独死や認知症など、マンション全体に大きな影響を及ぼします。
マンションは共同住宅であり、そこで生活されている以上、何かしらのコニュニティが必要となります。勿論、その高齢者のご家族が先ずそのサポーターにならないといけませんが、家庭の諸事情によりままならない場合には居住者全員が「互助の気持ち」を持つことが必要です。声を掛ける、荷物を運ぶのを手伝う、手摺やEV前の荷物置き台を検討する、郵便物の溜まり具合を気に掛ける、など出きることはあるはずです。
また、管理会社でも専有部サービスや呼びかけサービスなど、いろいろなオプションを用意しているかと思いますので、管理組合の問題としてご相談されたら如何でしょうか