組合運営サポート

マンションが建物である以上、一定周期に行なう大規模修繕工事は避けて通れる問題ではありません。ある程度、長期修繕計画に沿いながらプランニングしていく訳ですが、管理組合様の合意形成や資金繰りなど一つ一つ問題をクリアしていく必要があります。 工事自体も複数の施工業者から1社に絞っていく「責任施工方式」、施工業者選定から工事完了確認までを第三者に依頼する「設計監理方式」等、その手法も様々です。ミソノサービスは、そのマンションに一番適した方法をご提案し、管理組合様に十分に納得いただける修繕になりますようにサポートいたします。

管理会社による大規模修繕工事に、こだわるべきか?

管理会社の中には、通常の管理業務そのものより、大規模修繕の施工や設計監理の受注に、重きを置く会社もあります。
管理会社は、建物・設備状況の把握や施工後のアフターフォローまで中長期的な観点から関与できる立場にあるので、管理会社がそのノウハウを活かして元請施工する利点は確かにありますが、施工会社として通常期待される利益を超過するような、適正さを欠く受注事例も散見されるのも事実です。
わたしたち、ミソノサービスは管理のプロフェッショナルとして、多額の支出となる大規模修繕については特に相見積もりをお勧めし、適正価格での工事発注のご支援をさせて頂きます
もちろん、弊社は多数の設計監理、建設、リノベーション等の実績がございますので、管理組合様がご考量のうえで弊社に大規模修繕のご用命いただいた際には、最高レベルかつ費用対効果の高い修繕をご提供させていただきます。

長期修繕計画

 

ミソノサービスでは、国土交通省の指針により、現地調査・診断を伴う長期修繕計画案の作成はの標準的管理委託業務から外れています。 しかし、設計事務所が策定するレベルの計画案、または国土交通省のガイドラインに準ずる詳細な計画案の作成はオプションとして、別途ご用意させていただいております。 長期的な修繕計画は、現実の建物状況に則したものと管理組合様の資金残高がリンクしたものが必要であり、建物・設備の維持管理と適切な修繕の実施のために重要なツールとなります。 是非、この機会にご用命いただければ幸いです。

給排水管老朽化対策

弊社が管理を受託している竣工後30年を超えるマンションで、給排水管の老朽化による問題が多く発生する状況となっています。その問題の対策として、古い管の中にライニング等を施す更生工事と古い管を新しい管に取り換える更新工事があります。 弊社では、施工後15年以降に再度改修工事の必要性が高い更生工事ではなく、施工後30年以上改修工事の必要性が低くなる更新工事をお勧めします。 但し、各マンションが持つ問題点も考慮する必要があるため、更生工事及び更新工事のメリットとデメリットを十分ご説明し、皆様からもご意見・ご要望等を伺ったうえで、ご提案をさせていただきます。